インテリアとして江戸箒を

手箒を買ってホンの一時凌ぎの積りで古い姿見の欠けた木枠の先端に引っ掛けておいたのだが、これが妙にマッチして、割賦販売(今や死語)で買って以来使い古して廃品寸前になった姿見を生き返らせている。

さらには、老前整理で簡素・シンプルな部屋になったのは良かったが、無機質でちょっと味気ない部屋になっていたのを、この箒のおかげで「佇まいを感じさせる部屋」に変身させる事が出来た。

この箒は江戸箒と呼ばれ、天保元年(1830)の創業以来、今なお京橋で江戸箒を商い続ける老舗のサイトによれば、今や注文に製品が追い付かないとか。

サイクロン掃除機、ロボット掃除機、スティック掃除機等々、掃除機のハイテク化もどんどん進んでいるが、熟練職人の技による江戸箒を使っている人がいるのは何だかホッとした気分にさせられる。